ニート生活の記録ですよ

37歳無職独身男のブログ

受診日


 今日は4週間に1度の精神科受診日でした。

 2か月前(4月16日)に減らした薬をさらに減薬することになりました。これで一番多かった時期と比べて3分の1まで薬が減ったことになります。紆余曲折ありながらも、なんだかんだで精神状態は良くなっていっているということでしょうか。

 ついでに薬を飲むタイミングも変えることになりました。4月から昨日までは『昼食後に1回1錠』だったのですが、どうも最近になって副作用らしき昼間の眠気が気になるようになってきたので、今日からは『夜(夕食後)に1回1錠』に変更になりました。これで昼間も活動的に過ごせるようになることを期待しております。

PageTop

目の充血が


 読書時間が増えてその分パソコンのモニターを注視する時間が減ったため、ひどかった目の充血が軽くなってきました。

 読書は読書でそれなりに目に負担がかかりますが、パソコンのモニターを注視するのはそれ以上の負担になっていたようです。今まではいろいろな目薬を試したり蒸しタオルで瞼を温めたりしておりましたが、なかなか充血がおさまらず、結局モニターに向かう時間を減らすのが一番だとわかりました。

 暇なときはパソコン(インターネット)で時間を潰すのが一番安上がりで楽なのですが、ろくに技術も知識も身につかない上に目の負担も重いので、私の場合パソコン(ネット)は多少制限を設けて利用するのが良さそうです。

PageTop

1周読むのに2日かかる


 一昨日買った『実践理性批判(文庫本で全2巻)』ですが、ようやく1周読み終えました。

 文庫本2冊で2日もかかるのはさすがに読むのが遅すぎですかね。内容が難しすぎて8割くらいはよく理解できないまま読み進めて、それでもこれだけ時間がかかるのですから、深く読み込もうとすると2週間くらいかかるかもしれません。

 しかし活字を読むスピードがなかなか上がりません。『慣れた分だけスピードが上がる』という段階を超えてしまったのでしょうかね。ここからさらに読書スピードを上げようと思うなら、何か具体的な読書法・読書テクニックが必要なのかもしれません。

PageTop

久々に本を買う


 久々に本を買いました。

 今日買ったのは『実践理性批判[Kritik der praktischen Vernunft](著:カント)』です。原本(ドイツ語)ならオンラインで無料で閲覧できるのですが、私のドイツ語に関する知識なんて大学の頃に1年ほど習った程度、ドイツ語検定4級にかろうじて合格した程度なので、日本語訳されたものを買うことにしました。

 今回は光文社古典新訳文庫のもの(全2冊)を買いました。他出版社の文庫本やハードカバー本の邦訳が売っていましたが、一番読みやすそうな翻訳になっている光文社のものにしました。

 しかし読みやすさ最優先で選んだわけですが、それでも内容が難しくて、1周読んだ程度ではとても理解できないでしょうね。まあどうせ時間は余っていますから、何周かくりかえし読んでみることにします。

PageTop

少し肌荒れが復活


 食生活の乱れからか、少し肌荒れがひどくなっております。

 具体的には昨日と今日で

・保存食用に買っておいたレトルトカレー(2食分)
・安売りしていた冷凍チャーハン(2食分)
・安いアイス(1個)
・安い焼き菓子(1パック)

などを食べたのが原因かと。昔はそうでもなかったのですが、最近は加工食品(特に油分が多いもの)を食べると肌荒れが悪化するようになっております。

 しかし肌荒れは嫌なものですね。見た目も悪くなり、肌触りも悪くなり、かゆさや痛みも出てくるという。そろそろ根本的に食生活を見直す時期なのでしょうかね。

PageTop